サンプル画像

ドライヤー

ドライヤーを使っている方は、多いと思います。毎日ドライヤーで髪を乾かしていますか。特に髪が長い方には必需品ですよね。髪を濡れたままの状態にしておく事は髪にとって良くありません。濡れたまま寝たりすると、枕と髪が擦れて痛んでしまいます。髪を濡れたままにすると痛みやすいですので、お風呂から上がり後はすぐに髪を乾かすようにしましょう。タオルでゴシゴシと拭く事も、濡れた髪には良くありません。髪に刺激を与えないように、優しくタオルで髪をプレスするようにして水分を取った後に、ドライヤーでしっかりと毛先まで乾かしましょう。昔のドライヤーは熱が強く、髪の潤いまで取ってしまうようなものもありました。今はドライヤーは髪を乾かすだけではありません。潤いを逃がさずに、髪を乾かす事が出来ます。ドライヤーは髪に優しくないといけないのです。毎日使用するものですので、ドライヤー選びは慎重に行わなければなりません。お店には安価なものも並んでおり、メーカーによって様々な特徴がありますが、1万円台くらいのものがおすすめです。髪は熱に弱く、やけどをしてしまうと元には戻りません。痛んだ状態のままになってしまいますので、低温で乾かせるものやイオンなどの力で、髪をさらさらに出来るものを選びましょう。髪が不健康だと老けて見えますが、反対に健康で美しい髪は若々しい印象を与えます。高機能のドライヤーでワンラック上のケアを目指しましょう。

ヘアアイロン

ヘアアイロン髪の長い・短い関係なく、スタイリングには欠かせないアイテムです。ストレートヘアや巻き髪を楽しむ事ができます。価格も数千円とお手頃で若い女性にとても人気がありますが、ヘアアイロンは「使い方が難しい」「髪が痛む」などのイメージがありませんか。最近のヘアアイロンは進化しています。コンパクトな作りで手になじみやすく大変使いやすくなっています。各メーカーからたくさんのヘアアイロンが発売されており、美容師さんによるプロデュースで作られた商品もありますので、たくさんの商品を手に持ってご自身にあったものを選んでほしいです。温度も高温で、一瞬で髪を形付けますので、髪が痛みにくいのもポイントです。低温で何度も何度も形付ける事は髪に負担が大きく、水分まで取ってしまいパサパサな髪になってしまいます。また温度は調節できるものが好ましいです。髪質はそれぞれ異なりますので、個々の髪質に合わせて温度調節が出来るものを選びましょう。ヘアアイロンは高温になり、スイッチを切ってもすぐには温度は下がりません。専用置台の購入もおすすめします。

アートメイクのベリヨフェンテ銀座は最新の施術
詳細はこちら